〜 lzh、zip、rar等、フリーソフト、無料ソフトをたっぷり紹介 〜

LhaForge

LhaForgeとは

 Claybirdさんが開発し、フリーでダウンロード提供している圧縮・解凍ソフトです。
開発者のホームページ「泥巣」では、ソースコードも公開されています。
開発者自身が使っていた圧縮・解凍ソフトに満足できず、自分自身で開発されたそうです。
外部DLLを必要としますが、caldixを改造した自動DLLインストーラ付きですので簡単にインストールできます。
解凍方法の質問が時々Q&Aサイトに挙がる、RAR形式の解凍にも対応しています。

 図解入りのダウンロード、インストール、使い方は、LhaForgeのインストールから使い方までのページを参照ください。


解凍対応形式

LZH, LZS, ZIP, ARJ, RAR, GCA, IMP, ACE, BEL, 7z, CAB, TAR, Z, TAZ, tar.Z, GZ, TGZ, tar.gz, BZ2, TBZ, tar.bz2, YZ1, HKI, BZA, GZA, ISH, UUE, JAK


圧縮対応形式

LHA, ZIP, 7Z, CAB, TAR, GZ, BZ2, TGZ, TBZ, YZ1, HKI, BZA, GZA, ISH, UUE, JAK


必要環境及び外部DLL要否

OS:Windows 98/2000/XP
外部DLL:必要(自動インストーラ付属)


ダウンロード方法

  1. 開発者Claybird氏のホームページ「泥巣」に行きます。
  2. トップページが表示されますので、サイトメニューの中の作品庫をクリックします。
  3. 作品庫のページが表示されますので、実用プログラムの中の LhaForge をクリックします。
  4. LhaForgeのページが表示されますので、ダウンロード項の"本体−LhaForge"の下のダウンロード群の中の、"このページからダウンロード"の隣のファイル名をクリックしてダウンロードします。




インストール方法

  1. ダウンロードしたファイルをダブルクリックして実行します。
  2. インストール開始メッセージが表示されますので、「次へ」をクリックします。
  3. 注意書きが表示されますので、内容を確認し、「次へ」をクリックします。
  4. インストール先指定画面が表示されますので、特に問題ない限り、そのまま「次へ」をクリックします。
  5. インストール先フォルダ作成確認メッセージが表示されますので「はい」をクリックします。
  6. インストール確認画面が表示されますので、「次へ」をクリックします。
  7. DLL自動更新メッセージが表示されますので、「はい」をクリックします。(LhaForgeの設定画面が表示された場合は、「OK」をクリックします。)
  8. DLL自動インストーラ実行方法選択画面が表示されますので、特に問題ない限り、そのまま「開始」をクリックします。
  9. DLL自動インストール終了メッセージが表示されたら、「OK」をクリックします。
  10. デスクトップのLhaForgeのショートカットをダブルクリックします。
  11. 設定画面が表示されますので、画面左のメニューから「ショートカット」を選択します。
  12. ショートカット設定画面が表示されますので、「圧縮のショートカット」の欄の「デスクトップに作成」ボタンをクリックします。
  13. 予め圧縮形式を決めておくかどうかの確認メッセージが表示されますので、「はい」をクリックします。
  14. 圧縮形式確認画面が表示されますので、通常使う圧縮形式を選択します。どれが良いかわからない場合は「LZH」をクリックします。
  15. 「解凍のショートカット」の欄の「デスクトップに作成」ボタンをクリックします。
  16. 画面右下の「OK」をクリックして完了です。

 図解入りのインストールの仕方は、は、LhaForgeのインストールから使い方までのページを参照ください



使用方法



 図解入りの使い方は、LhaForgeのインストールから使い方までのページを参照ください



関連ホームページ